自分で窓ガラスを修理する方法

自分で割れてしまっている窓ガラスを修理するには、どうすればよいのかと言うことを考えた方は多い方と思います。ここではDIYで窓ガラスの修理を行う手法について解説をしていき、どうしても修理が出来ない場合どういった対応になるかについても解説していきますのでご覧頂ければ幸いです。

自分で修理する場合窓ガラスのサッシを分解し、ガラスの大きさを測りガラスを購入する

窓ガラスを自分で修理をする方法ですが、自分で窓ガラスを修理する場合、まず窓ガラスを取り外すためにサッシを分解し窓ガラスを取り出す作業を行います。サッシ自体は、ネジで止まっているため戸車のネジさえ外さなければ他のネジを取り去ることで分解可能なのがサッシであるためまずはサッシを分解します。その後ガラスを取り外して寸法を測ることで窓ガラスの大きさを測りその後窓ガラスをガラス屋さんで購入することで初めて修理用ガラスを入手することが出来ます。後は、新しいガラスをはめるだけですが、ガラスには割れてしまっているガラス側にゴムが付属しておりそのゴムを再利用してガラスにゴムを巻くことでガラスを冊子にはめ込んだ際傷くことを防ぐ緩和剤として再利用します。無事サッシにはめ込むことが出来れば後はサッシ側のネジを止めてガラス固定すれば修理を完了となります。

中には、簡単に分解できないサッシもある

ガラスを止めているサッシですが、中には特殊ネジを採用しているサッシと言う物も存在します。この特殊ネジですが、通常はマイナスドライバーやプラスドライバーで分解可能なサッシであるのに対して特殊ネジを必要とするサッシは星形やY字型など特殊な形をしているネジを採用しているサッシもあります。ただ、これらはエンジニアと言う工具を販売している会社のねじ回しを利用すれば対応可能であるため分解できないということでは決してないです。簡単に分解できない機構にすべく特殊ネジを採用したというだけですので分解自体は特殊ネジを回すドライバーを購入すれば簡単に分解は可能なのです。

どうしても自分で窓ガラスを修理できない場合について

どうしても自分で窓ガラスの修理を出来ない場合において、分解して窓ガラスを取り外すことが出来ないや近くに窓ガラスを扱うショップが無い場合においては、窓ガラスが割れているのではなく、ひび割れているのであれば、もっと簡単な手法で修理をすることは可能です。これはガラス修復液と言う接着剤を使用してひび割れている窓ガラスの表面を覆うことで修理をすると言う物で、修復液をひび割れている場所に塗布することで透明な厚みのある接着剤として窓を保護すると言う物です。接着剤が固まった後に、表面を削ることで窓ガラスとより一体化させることが出来るので簡易な修理を行うことが出来る製品です。完全に割れてしまっている窓には対応できませんが簡単に修理をすることが出来るのでひび割れ程度であれば簡単に修復可能です。なお完全に割れているものは交換が基本ですので、修理する自信がない場合修理業者による修理が一番安全な修理法です。

まとめ

いかがでしょうか。窓ガラス自体の修理は、サッシを分解することで可能なのですが、問題はガラスを扱っている事業者に修理用窓ガラスを売ってもらうこと、窓ガラスの寸法をきちんと図ることにあり、きちんと窓ガラスを冊子にはめ込むことが出来るかなど結構自分で窓ガラスを修理するには問題と言える箇所が多いです。ひび割れ程度であれば、ガラス修復液を用いれば容易に修理することが可能ですが、自分で割れた窓を修理するとなるといかに正確に窓ガラスを冊子にはめ込むかが重要になる為、苦戦する可能性は否定できないです。