窓ガラスを修理する際の相場はいくらくらい?

窓ガラスが割れてしまうということは実際のトラブルとしてあることです。窓ガラスが割れてしまったら、業者を呼ばなければいけないですよね。ガラスを自分で交換するのはまず、無理でしょう。そこで、窓ガラスの修理の相場を知らないと、請求がきたときに驚いてしまう可能性があります。では、ガラスを修理したときの値段について紹介したいと思います。

一般的な窓ガラス

窓ガラスにはさまざまな種類があるのですが、一般的な透明ガラス、ペアガラス、曇ガラスや防犯ガラスのなど種類はさまざまです。リビングの大きな窓ガラスは透明ガラスかペアガラスが多いと思いますが、一般的な窓ガラスの交換にかかる費用相場はだいたい10,000円~15,000円ほどとなっています。ですが、修理したいガラスの種類が防犯用の強化ガラスの場合は相場が30,000円ほどと跳ね上がるので強化ガラスは高額となっています。普通の透明ガラスなら10,000円を切ることもあるので、そこまで高くはありません。ただ、曇りガラスやペアガラスはやはり、相場が高めなので覚えておきましょう。

サイズにより相場が変わる

これは、当たり前かもしれませんが、大きい窓ほどお金が高額となっています。小さいサイズと大きいサイズとでは10,000円~20,000円ほど価格が変わってきます。また、ガラスの厚さも価格に影響を与える重要なポイントとなっているので、厚いガラスも値段が高いです。また、厚さに対する値段の上がり方は高く、数ミリ異なるだけで、10,000円ほど相場が高くなるので、注意が必要です。もし、割れた窓ガラスが大きめなら窓ガラス代が高額になってしまうことを覚えておいてくださいね。

費用を抑える場合は業者選びをしっかりとすること

同じ窓ガラスなら少しでも安い業者を選びたいですよね。そこで、依頼する業者によっても値段がかなり異なる場合があります。適当に選んでしまうと、高い業者から修理をしてもらう可能性があるので、複数の業者から見積もりを取って自分の希望にあったものを選ぶことが大切です。見積もりを取ると、同じガラスでも数千円違う場合もザラにあります。やはり、高い業者もたくさんあるので、同じものなら出来るだけ安い業者に選んでもらうことが大切です。また、値段だけでなく、丁寧に仕事をしてもらえるか、信頼できるかなど担当者や会社の人柄も見てみることをおすすめします。

まとめ

このように、窓ガラスを修理する際の相場について紹介しました。窓ガラスの大きさや厚さによってかなり左右されるので、一概にはいえませんが、通常の窓ガラスなら10,000円前後で修理をすることが可能です。もし、何らかのトラブルで窓ガラスが割れてしまったらできれば複数者に見積もりを取ってもらって出来るだけ安い業者から修理をしてもらうことをおすすめします。もし、窓ガラスの修理について分からない人は参考にしてくださいね。