ガラスが割られた時に利用すべき保険

普段余り意識する事はないかもしれませんが、私達の身の回りには意外とガラスが多く存在しているものです。そしてガラスが割られた時に、ようやくガラスの存在に気付いて不便さを感じます。もっともガラスの修理費というのはそれなりに掛かるので、万が一割られた際には自力で費用を支払うのは意外に厄介です。犯人が分かっていれば修理費を請求出来ますが、そうでない場合は保険を利用してガラス修理を行う事をおすすめします。

自宅の窓ガラスが割られたケース

自宅の窓ガラスは雨や風の室内への侵入を防いでくれる、頼りになる存在です。所がそんな窓ガラスが、割られてしまう事があります。特に厄介なのが空き巣といった泥棒が、窓ガラスを割って侵入して来るケースです。ガラスを割られたという被害だけでなく、自宅の貴重品も盗まれてしまうので被害が大きくなります。そのためガラス修理を自力で行うのは余計にきついため 保険に頼って修理しようとする人が多いです。こういったケースでの窓ガラスの修理には、火災保険が適用出来ます。火災保険には盗難補償もあるので、それを利用して窓ガラスの修理を行う事が可能です。他にも台風で物が飛んで来たり、日光の影響で自宅の窓ガラスが熱割れする等、自然現象で割られた場合には、火災保険や家財保険を利用して修理出来ます。

車のガラスが割られたケース

ガラスは、車にも多く使用されています。しかも車は外に駐車したままの時間が長いので、悪意ある何者かに愛車のガラスが割られてしまう事があるのです。そういった形で車のガラスが割られた場合、犯人が分かっているなら相手に損害賠償請求して修理費用を支払わせる事が出来ます。ですが犯人が分からない場合には、車両保険に加入していればそれを利用して修理する事が可能です。ただし自動車保険を利用する際には、割られたという被害の状況を明確にする必要があります。そして被害に遭った事を証明する意味でも、まずは警察に被害届けを出してから、保険会社に連絡する事が望ましいです。

お店のガラスが割られたケース

ガラスと言うのは、お店にも数多く使用されている事が多いです。しかも店舗の窓ガラスも泥棒が侵入する際に割られたり、或いは何者かによる嫌がらせやいたずらで割られる事があります。そういった形で店舗の窓ガラスが割られた場合の修理に利用出来る保険は、店舗総合保険です。店舗総合保険は更に、台風等の自然災害で窓ガラスが割られた場合にも利用出来ます。他にもお店によって、ショーウインドウやガラス扉の様な建物に定着しているガラスがあったり、ショーケース等で厚みのあるガラスが置かれていたりするものです。そういったガラスが割られた場合には、ガラス保険を適用して修理する事が出来ます。

まとめ

ガラスを割られた場合、犯人が分かっているならその相手に損害賠償請求して修理費用を支払わせるのが基本です。所が犯人が不明だったり、自然の力により割られてしまう事もあります。自宅の窓ガラスがそういった形で割られた場合には、火災保険や家財保険を適用して修理可能です。車のガラスが割られた場合には、車両保険を利用して修理出来ます。更にお店の場合は、店舗総合保険やガラス保険を利用して修理する事が可能です。”